お宮参りの時期

お宮参りは、赤ちゃんの誕生を祝う行事の一つです。生後1ヶ月頃に行うことが多いため、赤ちゃんにとって初めてのイベントとも言えます。大切なイベントは、写真も素敵に残したいものです。 写真撮影の際は、何よりまず赤ちゃんの体調を優先しましょう。生まれて間もない赤ちゃんにとって、外出は負担がかかります。生後1ヶ月頃が真夏や真冬にあたり天候が厳しい場合は、お宮参りの時期を少しずらした方が赤ちゃんも家族も快適に過ごせるでしょう。 また、神社や写真スタジオが混雑する時期は出来るだけ避けた方が良いです。年末年始や七五三の時期は非常に込み合うことが予想されます。繁忙期や土日は撮影料金が高くなることもあるので、比較的利用者が少ない時期の平日を選ぶと良いでしょう。

一般的にお宮参りは神社で行うことが多く、お参りの儀式と写真撮影をセットで受け付けている神社も多くあります。ある神社では、お参り料と写真1カット撮影、さらに赤ちゃん用の着物のレンタルも含めて2万5千円で受け付けています。神社と撮影スタジオが隣接しているため、移動の手間がなくスムーズに参拝から撮影まで済ませることができます。 また、最近は神社でのお宮参りとは別に、撮影スタジオで記念撮影をする家族も増えています。大手撮影スタジオでは、基本料金3,240円からと大変リーズナブルな価格でサービスを提供しています。スタジオでは、何ポーズでも撮影が出来たり、何着でも衣装を着替えることが出来たりする場合が多く、こだわりの写真を残したい家族に人気を集めています。